2010年6月29日火曜日

ニューパルサーV2は打ってはいけない

2010年6月に新登場のニューパルサーV2
ニューパルフリークとして初打ちしてきたけれど
この台は阿寒。
小役狙いが大好きな人以外は打ってはいけない。

元来、山佐というメーカーは完全にホール寄り
低設定域の辛さには定評があるし、コイン持ちの良い台なんて見たことがない。
ちなみにコイン持ちが悪いと、コイン単価が上がりやすくなる。

そんな面も少しずつ改善されているのかなと思った時代もあったけれど
今の山佐は全くそんな事なく、昔のイメージ通りの山佐スタイル

ニューパルサーV2で特にダメな点が二つ
ニューパルサー3で導入した1ベットをあっさり廃止
リーチ目を拝む台なのに、リーチ目が出て再びMAXベットするのかと。
さらに今回はボーナス優先制御なので、
BR判別をしながら揃えると小役はまず揃わない=成立Gで揃える場合と比べて3枚損

小役をガンガン取りこぼす
左リールにボーナス絵柄無しの小役揃いは小冊子には<チャンス目>
との表記だが恐らく確定リーチ目となっている。
その弊害として、上段BIG絵柄+中段ベルからのベル揃いが多く出る。
しかしベルは中リールに2つしかないので適当に押すと11/21で取りこぼす。
5号機には小役補正機能が付いていないので取りこぼした分だけ損をする。

70Gに1回、中段ベル揃いが出現すると仮定。
それを21分の11で取りこぼすとどうなるか?
8,000G回した時点での累計損は-420枚=-8,400円

1枚BET、成立Gチェック、小役取りこぼし無し
ユーザーに優しかったニューパルサー3から一変
4号機時代はホールにも体力があって、それだけ辛い作りだと
高設定に期待が持てる状況だったけれど今は一概にそうとも言えない。
この糞台は打ってはいけない。

スポンサードリンク

0 件のコメント: