2010年11月3日水曜日

小役を出来るだけ取りこぼさないで打つ方法

オアシスやハナハナのハイビスカス系の台を打っていると
小役狙いをしていてもたまにスイカを取りこぼしてしまう。

10枚役を1回取りこぼすと200円。これはもったいない。

慎重に打てばいいじゃん。
確かにその通り。でも出来ない!!!

ということで対策を考えてみた。


対策案:ハサミ打ちにする
これが意外な程の効果がある。
左→中だと手が止まらないのに、左→右だと手が止まる。
左の後に押すのだから当然中ボタンより右ボタンの方が遠い。

わずかな違いでも視覚ではかなりの違いがあるらしく、
出目に違和感を感じると、右リールを止める前に手が止まる。


視覚から脳への伝達は自分が思っている以上に速いと思う。

以前、島唄にハマっていた頃
パトランプを見ながらプレイしていると「キュイン」と鳴った時にもの凄くビビるのに
リール下のフグランプを見ていると「キュイン」と鳴っても平然としていられる。

これはフグランプ点灯→キュインと鳴るという刹那の瞬間
「フグ点灯」→「キュイン鳴ります」→「全軍身構えてください」
という命令がすでに脳から出ているのだと思うのデス

取りこぼしやすい小役がある機種を打つ時ははさみ打ち
他でも弱い予告や演出からレア役が揃う事があるパチスロにも有効かもしれない。

スポンサードリンク

0 件のコメント: